忍者ブログ

TAKASKE- 忍者日記-たかすけの部屋

とりあえずブログ始めてみました。 日常の何気ないことなどを書いたりダブル譜面の解説記事も書いて行きたいなと試行中です…

(解説記事) POSSESSION【CHALLENGE】

ダブル譜面解説ページ
---------------
曲名:POSSESSION
アーティスト:TAG Underground
バージョン:X2
---------------
難易度種類:CHALLENGE
公式難易度:19
総合評価:19.25
クリア難易度:19下位
コンボ難易度:19下位
スコア難易度:低め
判定:普通
ダブル配置:非常に多くかなり難しい
シングル配置:少ないが難しい
---------------
-譜面速度-
BPM:185<370
適正倍速:1.0〜1.5
※停止は2回有るがリズム難ではない
---------------
---------------
-おすすめターンオプション-
右利き:ミラー
左利き:正規
※全体的には移動が激しい為↑が多い正規譜面がおすすめだが、後半の難所65連打に4回含まれる遠距離配置が正規譜面だと全て左足である
この為、右利きの方は遠距離配置が右足になるミラー譜面がおすすめ
---------------
---------------
-攻略動画-
製作予定
---------------
---------------
-攻略にあたり注意する箇所-
---------------
・前半-縦ぶっ飛び+捻り移動
曲開始後、高速から低速になり停止するところまでは難しくはない。
(ここまでは軽いウォーミングアップ)
停止後、突然EXPERTの後半難所を更に難しくしたようなラッシュがくる。
縦向き3連打から次の縦向き縦3連打まで真ん中1枚しかなく遠距離で同じ方向のまま行ったり来たりする配置に注意(中1枚ストレート)
その後、軽い捻り+移動が繰り返されるが1箇所真ん中(4-5)をクロスしたまま踏まされる3連打があるので注意。
ここは事前にスライドをしておけば簡単に正面で踏むことも出来る。
---------------
同時押しラッシュ1回目
EXPERTの対象譜面。
慣れないうちは連続ジャンプで疲れるが攻略するに当たっては体力温存・回復の地帯にできるとよい。
---------------
・低速2回目-滝17連打
低速2回目の前半はフリーズアローを含む簡単な休息地帯だがこの譜面はここを最後に休憩出来る所がなくなる。
低速2回目の後半には17連打の滝が有りここが非常に難しい。
中央から移動方向に足を開くタイプの乱打から縦の地団駄を踏み、更に切り返してもう一度縦の地団駄という配置。
配置だけでも難易度18強位の譜面な上、低速という見辛さもあり脅威。
---------------
中半-縦ぶっ飛び+捻り移動
前半の譜面を左右対象にされた物がそのままくる。
左右対象なので行ったり来たり(中1枚ストレート)する箇所や足をクロスする箇所の体の向きが前半とは全て逆方向になるので注意。
---------------
連続シングル5連捻り
何を血迷ったのか突然シングルのような捻りの5連打ラッシュがくる。
シングルのTohoku EVOLVEDやHealing-D-VisionのCHALLENGEに含まれるような高速捻り。
こちらのがBPMが速い上にダブル譜面中に来るのでタチが悪い。
1P側で3パターンの後2P側で3パターン有り更に1P側に戻るのだがプレーサイド移動時の中央(4-5)がこれまたクロスして踏む3連打というちょっとした嫌がらせまである。
---------------
コンボ最難所-65連打
1P側の乱打から2P側の乱打へ間の譜面もなく飛ばされる(瞬間的遠距離押し移動)
次に2P側の乱打から1P側の乱打に戻される際には向きが変わる(瞬間的捻り超遠距離移動)
そして1P側の乱打から最初とは反対を向いている状態で2P側の乱打へ飛ばされる(瞬間的遠距離引き移動)
2P側で縦の地団駄から切り返して端の地団駄を踏む配置から1P側左端まで下軸の渡り。
1P側でシングルの乱打を踏んだ後、もう一度2P側右端まで下軸の渡りで戻され更に左足を↑(7)まで持って行き→(8)を踏んでから7+8の同時押しまでが65連打。
ミラー譜面の場合、前半4パターンの遠距離配置で飛ばす足が全て右足になるが2パターン目に左足を3から6まで飛ばさなくてはならないとんでもない配置にもなる。
正規譜面にしろミラー譜面にしろとにかくここが難しいがここでデンジャーを出してしまうくらいゲージを減らしてしまうとクリアが難しくなる。
コンボを狙う場合は交互踏みがおすすめだが、
それ以外の場合はなるべく向きを変えず遠距離移動の際に2歩ずつ捨てシングル乱打と渡りをしっかり取るようにすればゲージは減りにくくなる。
---------------
同時押しラッシュ2回目
1回目のミラー譜面。
1回目と同じく連続ジャンプで疲れる箇所ではあるがクリアを狙うに当たっては最後のゲージ回復地帯。
慣れてくれば体力の回復地帯にもなり得る箇所。
---------------
同時+6分超遠距離捻り+同時-4セット
フルコンボを狙う場合にはここが鬼門。
ゲージに余裕がある場合やスコアを狙う場合は両端(1と8)は踏む必要はない。
6分超遠距離捻りを取りに行く際には中央から外側に思い切り足を飛ばし捻って戻すか、スライドを使うしかない。
スライドの場合、中央に立ち同じ足を3回連続で使うようにして外側を取る方法と、外にスライド後そのまま次の足で内にスライドする方法がある。後者は内のスライドがかなり遠いので注意。
---------------
6分超遠距離左右振り捻り移動
通称:哲学地帯
哲学とは誰が付けたのかは知らないが音楽ゲーム素人が見ても笑うしかないような部分。
勿論、ダブル上級者でも理解に苦しむ配置。
DDR全てのダブル譜面に於いてもここまでの配置は他に類をみない。
(ある意味ではダブル最高傑作配置なのかもしれない)
ゆえにこの配置では様々な捌き方がある。
手前の地帯同様にゲージに余裕がある場合やスコアを狙う場合は両端(1と8)を踏む必要はない。
ゲージに余裕がなく拾いに行く場合は中央に構えて端は片足で3個ずつ拾えるだけ拾いって行くとゲージが残りやすい。
コンボを狙う場合は5連超遠距離捻りを1塊として内側から交互に踏み中央をスライドを使って調整して行くと取りやすい。
前の地帯同様に端をスライドで取る方法もある。
爪先と踵を上手く使い分けれる人はその踏み方のがよい。
最後に反復横とびのような3-5-8と7-4-1という配置があるがコンボ狙うにはしっかりと体重移動をしとにかく足を延ばすしかない。
---------------
---------------
-その他解説-
ここまでとんでもない譜面がX2で登場した当時は難易度が18だったというこれまたとんでもない難易度詐欺だった。
通常解禁から割とすぐに行われたX3 vs 2ndのロケーションテスト時に難易度19に改正された。
しかし、その後PARANOiA RevolutionやEGOISM440・Over The ”Period”の出現により今では難易度19下位にまで落ちた。
但し、だからと言ってPOSSESSIONが簡単になった訳ではない。
それらの譜面が難し過ぎるだけである。
今では難易度19入門譜面であり、哲学を越してこそ前述の譜面達への挑戦権を得るといった位置付けにはなっているのかもしもれない。
---------------
---------------
---------------
最終更新日:2017年01月26日
PR

コメント

イベント・大会スケジュール

2017年03月19日(日)
まゆりんぴっく3-アーバンスクエア大須DDRダブルスコア大会-
愛知県名古屋市にて行われるダブルのみ3部門構成のDDR大会
主催:まゆげ様 会場:フェドラP&D様

広告欄上

プロフィール

HN:
TAKASKE-
年齢:
30
性別:
男性
誕生日:
1986/05/15
趣味:
ゲーム・その他
自己紹介:
TAKASKE-(たかすけ)【埼玉県】
・Mail: takaske_hades@yahoo.co.jp
・Twitter: takaske_
DanceDanceRevolutionプレーヤー
Project I.D.O.L.A. ダブル部門日本1位(世界2位)
ミヤネ屋・探偵ナイトスクープ・大阪ほんわかテレビ・グッド!モーニング・チリヌルヲワカ「it」MV出演など…

最新コメント

[03/29 TAKASKE-(管理人)]
[03/28 しゃみっくす]
[02/07 TAKASKE-(管理人)]
[02/07 しゃみっくす]
[02/01 TAKASKE-【管理人】]

広告欄下

忍者カウンター